nipponomia

エルゴヒューマンのオフィスチェアを徹底レビュー!3万円で姿勢が良くなる最強の椅子

July 9, 2016
エルゴヒューマンのオフィスチェアを徹底レビュー!3万円で姿勢が良くなる最強の椅子

「エルゴヒューマン(Ergohuman)」という椅子の高級ブランドをご存知だろうか。
人間工学に基づき設計され、腰を支える「ランバーサポート」という独自の機能により、姿勢の悪化や腰痛を防いでくれることで有名なオフィスチェアである。

エルゴヒューマンの代表的なチェアは8万円を優に超える価格で販売されており、「椅子にそんなにお金をかけるなんてありえない!」と思う人も多いだろう。
しかし、普段キッチンにあるような椅子に座ってパソコンを触っている人や、1万円程度のオフィスチェアに座っている人が、エルゴヒューマンに座れば、その座り心地のあまりの違いに驚くに違いない。

私は、これまで兄弟のお下がりの椅子や、実家のキッチンの椅子などを使用してきたが、引越しを機にエルゴヒューマンの椅子を購入し、その快適さに衝撃を受けた。

今回は、エルゴヒューマンのチェアの中でも、比較的お手頃な価格で購入出来る「スマート」というオフィスチェアについて徹底的にレビューしていく。
パソコンを長時間触る人、在宅勤務など自宅でオフィスワークをする人、腰痛に悩む人など、幅広くオススメできるオフィスチェアだ。




全ての人に捧ぐ、高級オフィスチェアのススメ

家にいる間、ほとんどの時間はパソコンに向き合っているようなエンジニア、プログラマー、ブロガー、ゲーマーなどにとって、1日の大半を過ごす椅子は極めて重要だ。
また、デスクで長時間勉強をする学生にとっても、椅子の快適さはそのパフォーマンスに大きく影響しうる。

スタンディングデスクが海外で流行していることからもわかるように、基本的に座る姿勢は体のあちこちに負担がかかりやく、それほど望ましい勉強姿勢ではない。
特に、不安定で姿勢が悪くなりがちなチェアを使っていると、パソコンの使用時間に伴って肩こりがひどくなったり、腰を痛めたり、猫背になってしまったりと、様々な弊害が生じる。

そのため、長時間デスクで仕事や勉強をする人の中には、オフィスチェアに強いこだわりを持つ人々も多い。
すぐれたオフィスチェアを購入すれば、良い姿勢を維持しながら長時間デスクで座っていても疲れないという理想のオフィス環境が手に入る可能性が高いからだ。

例えば、エルゴヒューマンと同様に、超高級ワークチェアとして有名なハンマーミラー社の「アーロンチェア」は、日本のAmazonで購入しようとしても余裕で15万円を超えてくる。
ニューヨーク近代美術館に収蔵されるほど優れたデザインと、人間の体にフィットする機能性が彼らの売りだ。

とはいうものの、普通の学生やサラリーマンにとって、自宅で使う椅子に10万円も20万円もかけるなんて、あまりにハードルが高すぎる。

そんな中、エルゴヒューマンの「スマート」というモデルは、エルゴヒューマンの主要機能であるランバーサポートや、ハイブリッドレバー(リクライニングのロッキング、座面の高さ調整、前後位置調整が可能)を備えているにも関わらず、わずか3万円で購入できる理想的なモデルだ。

高級オフィスチェアを使ったことはまだないけれど、腰痛などに悩んでおり椅子を変えたい・・・という人には、ぜひこちらの椅子を買ってみてほしい。

私自身、一度も高級な椅子を購入したことはなかったが、長時間デスクに座って作業をすることが多いため、引越しを機にエルゴヒューマンのスマートを購入してみた一人だ。
使い心地の詳細は、以下で詳しくレビューしていくが、素晴らしいの一言で、良い姿勢を楽に維持しながらパソコン作業を進めることができている。

組み立ては簡単!エルゴヒューマンはAmazonで買うと格安

私は、エルゴヒューマンのスマートをAmazonの通販で購入した。
上記で紹介したように、Amazonであれば一般的な高級家具・椅子店よりも1万〜数万円やすい価格で購入することができてしまうからだ。
やはり実地の高級オフィスチェアの販売店では、ただでさえ高額なチェアが定価で販売されているのが一般的であり、座り心地を確かめられることを除けば、リアル店舗で購入するメリットはそれほどない。

とはいえ、ネット通販でめんどくさいのは、箱の開封と組み立てだ。
まずはエルゴヒューマンが届いてから組み立てるまでの作業工程がどの程度かを紹介する。

Ergohuman 001

チェアが宅配されてくると、このように割と大きな箱に、それぞれのパーツが小分けされた状態で届く。
この各パーツを取り出して行き、キャスターの土台をセットし、そこに高さ調整が可能なメインのパイプを差し込む。
ここまではほとんど作業は必要なく、想像以上に簡単にセットできてしまう。

Ergohuman 002

少し面倒なのが、背もたれと座面の固定だ。
付属してくる取り付けネジとレンチを使用して、土台・背もたれ・座面を接続させていく。
背もたれや座面がわりと重いので、ネジの数はそれほど多くはないものの、ひっくり返してみたり、下から潜ってみたり、いろいろ試行錯誤が必要になる。

とはいえ、組み立て作業は、非体育会系でひ弱な私が一人で行っても、30分かからないくらいの時間で完了する。
2人で作業が可能であれば、もっと素早く組み立てが終わるはずだ。

高級オフィスチェアの座り心地は最高、調整機能も充実

Ergohuman 003

こちらが組み立てが完了したエルゴヒューマンスマートだ。
このモデルには、デフォルトではアームレストが付属していないのだが、5000円で純正オプションのアームレストも購入することができる。私は、アームレストも欲しかったため、併せて購入し組み立てた。

やはり、エルゴヒューマンの最大の特徴は、背もたれの腰の部分にある丸みを帯びた「ランバーサポート」であろう。
これは、単に背もたれの一部が盛り上がっているのではなく、「独立式ランバーサポート」と呼ばれるように、背もたれと分離した形で配置されている。
一人一人の腰の位置や、背もたれの角度に合わせて、最もフィットする位置にこの「独立式ランバーサポート」が来るので快適だ。

座ってみた感想は、「ものすごい支えられている感」につきる。
非常に姿勢が悪く猫背な私であるが、ランバーサポートを腰に当てた状態で座ると、自然と背筋が伸び、楽な姿勢で座ることができる。

これまでに座っていた椅子では、こうした感覚は全く得られなかった。
姿勢が悪いため、背もたれと腰の間に隙間が空いてしまい、長時間その状態で座っていると腰にダメージが来る・・・というのが従来のオフィスチェアを使用していた時の傾向だ。

姿勢を良くしようと努力しなくても、ランバーサポートに合わせて座るだけで自然と楽な姿勢に導かれるという感覚は革命的だ。

Ergohuman 004

また、このエルゴヒューマンならではのフィット感を維持するために、個人個人に合わせた高さ・角度・位置の調整を可能にする「ハイブリットレバー」も非常に優れている。

高級オフィスチェアなら必須の機能であるリクライニングのロッキング機能はもちろん、座面の高さ調整、さらには座面が前後どの位置にくるかまでも調整できてしまう。
純正オプションのアームレストも細かく高さや前後位置の調整が可能なので、最適なフィッティングを行うことができる。

高級オフィスチェアの入門として超オススメ

以上のように、エルゴヒューマンのワークチェアには、普段〜1万円程度の椅子を使っている場合はありえない高機能が、満載に詰め込まれている。
そして、これまでの椅子がなんだったのかと思うほどに、体にフィットし、楽な姿勢で作業が可能になる。

しかも、今回紹介したエルゴヒューマンのスマートは、これだけの機能を備えながら3万円から購入が可能で、非常にお手頃なモデルとなっていると思う。
もちろん、8万円を超えるエルゴヒューマンの他の椅子と比べると、ヘッドレストがないなどの違いはあるが、最大の特徴である独立式ランバーサポートは維持されているので、初めて高級チェアを購入する人にとっては最適な選択肢となるだろう。

オフィスワーカーはもちろん、自宅でも長時間デスクに座っていることの多い人や、長時間パソコンや勉強を座ってすることの多い人は、間違いなく購入してみるべきだ。

疲れや、もしかしたら腰痛や肩こりの改善といった効果までもたらされるかもしれない。

About The Author

nipponomiaCo-Founder, Writer小松明
平成生まれ。神奈川出身。
米国でパブリック・アイビーの一つに数えられる州立大学への留学を経て、某旧帝大を次席で卒業。TOEIC満点。現在はNGO勤務。

英語の読解力にはかなりの自信があり、海外の学術論文からテック系ニュースまで、日々情報収集している。
主要な関心は日本、英米の社会保障制度。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK