nipponomia

私が無印良品で地味に買ってよかったと思う生活雑貨ベスト6

February 13, 2016
私が無印良品で地味に買ってよかったと思う生活雑貨ベスト6

無印良品の生活用品や台所用品、インテリアなどは、シンプルなデザインながら実用的で、すっかり人気も定着した感がある。
私も最近引っ越したので、ご多分に洩れず、無印良品で大量に生活雑貨を購入した。

そこで今回は、私が実際に無印良品の雑貨を使いながら数ヶ月生活した中で、「こいつは地味に役立っている」としみじみ感じている無印良品の生活雑貨を、6つピックアップして紹介する。

よくあるインテリア雑誌やインテリア系ブログでは、無印良品の雑貨を使用して、非常にお洒落な部屋をコーディネートしている例が多い。
だが、実際に自分がやろうとしてみると、お洒落さを実現するのは難しい。
また、仮にうまくお洒落にコーディネートできても、数週間後には崩れてしまい、結局は実用性を優先してしまう・・・というパターンが多い。

今回紹介するアイテムは、どれもお洒落さよりも、実用性を重視しており、地味ながら絶対あったほうがいいと思えるものたちだ。
若干ずぼらな人であっても、これらは使い続けられるだろうと思う。

まだ買っていないという人は、ぜひ購入を検討してみてほしい。




地味に便利すぎる「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」

ネット上やテレビ番組で無印良品のおすすめグッズが取り上げられた際には、必ずと言っていいほど登場するのがこの「ひっかけるワイヤークリップ」である。

Mujirushi 001

このワイヤークリップは、写真右側のように、パイプなどにひっかけることのできるフックの先端が、様々なものを挟めるピンチのようになっているものだ。
お風呂場で、歯磨き粉や洗顔料のチューブを挟んで置いておくのに非常に便利だ。

どこにでも簡単に引っ掛けられ、しかも物をしっかりと挟んで固定しておくことができるため、キッチンなどでも非常に便利に使える。
また、机の周りで使用して、レシートや書類を挟んでおくなど、用途は工夫次第でかなり幅広い。

シンプルながら機能性が高く、様々な用途で地味に便利に使える無印良品らしい商品ではないかと思う。

ちなみに、写真左側も無印良品の「ステンレス横ブレしにくいフック」という商品で、グラグラしない構造になっているステンレスのフックだ。
こちらも、お風呂場でちょっとしたものをかけておくのに重宝する。

無印良品「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」詳細

  • 個数: 4個入
  • サイズ: 約幅2.0×奥行5.5×高さ9.5cm
  • 価格: 税込 400円
  • ネット販売: あり(購入ページ

無印良品「横ブレしにくいフック大」詳細

  • 個数: 2個入
  • サイズ: 約直径16×24mm
  • 価格: 税込 350円
  • ネット販売: あり(購入ページ

水が溜まらない水切りトレー「ステンレス水切り用傾斜トレー」

洗った食器を乾燥させるために置いておく水切りラックは、当然多くの人が使っているだろうが、気持ち悪いのは食器から滴った水が、水切りトレイに溜まってしまい、なかなか乾かないこと。

食器を全て片付けた上で、水切りトレイをいちいち洗うのも面倒なので、もっと便利なグッズがあればいいのに・・・と思ったことがある人も多いのではないか。

無印良品のステンレス水切りトレーは、何より傾いている点に特徴がある。

Mujirushi 002

上の写真をご覧いただければ分かるように、トレーの片方に足がなく、大きく傾いている。

この傾斜があるおかげで、洗った食器から落ちた水滴が、シンクの方に流れていってくれるのだ。

一人暮らしの人の場合、食器棚を使うことなく、水切りラックに常に食器を置いておいて、使っては洗い、使っては洗いを繰り返すズボラな人も多いのではないか。
私はもろにそのタイプで、水切りラックには常に洗った食器が置かれているので、水が溜まらずに衛生的なこの商品は非常に嬉しい。

ありそうでなかったこの便利な水切りトレーは、テレビで紹介される無印良品の商品ランキングの常連で、記事執筆時点では、無印良品のネットショップでも売り切れてしまっている。
店舗では扱っている店が多いので、欲しい人は実際に無印良品の店舗に足を運ぶといい。

無印良品「ステンレス水切り用傾斜トレー」詳細

  • サイズ: 約幅37×奥行26.5×高さ1.5cm
  • 価格: 税込 2000円
  • ネット販売: あり、執筆現在在庫切れ(購入ページ

なお、水切りトレーと水切りラックには、それぞれ2サイズが存在することに注意。
無印良品の店舗で水切りトレーとラックをセットで購入した際に、私はラックの方が一回り大きなものを購入してしまった・・・。

机にカバンを簡単にかけられる「バッグハンガー」

特に一人暮らしで、クローゼットがそれほど大きくない場合は、カバンやリュックサックの置き場所に困ることが多い。
床にそのまま放り出しておくのもなんなので、机の隅に引っ掛けておいたり、靴箱に引っ掛けておければ便利だ。

それを可能にするのが無印良品のバッグハンガーで、最近ではもうかなり有名になった商品だ。

Mujirushi 003

非常に小さな接地面しかなくても、結構大きなリュックサックを引っ掛けておくことができる。
机の上のスペースをほとんど取ることなく、カバンを整理整頓して配置しておけるので、非常に便利で、私の場合はもう手放せないアイテムになった。

このサイズで、耐荷重は3kgとのこと。

無印良品好きであれば、間違いなく知っているアイテムであろう。
カバンやリュックサックを床に直接置いており、部屋が散らかりがちな人には是非お勧めしたい。

無印良品「バッグハンガー」詳細

  • サイズ: 約90mm
  • 価格: 税込 788円
  • ネット販売: あり(購入ページ

ネクタイを超取りやすい「アルミハンガー ネクタイ・スカーフ用」

ネクタイやスカーフなど、長細い衣類をうまい具合に整理整頓してクローゼットに入れておくのは中々難しい。
ネクタイやスカーフを掛けておくちょうどいい所がないクローゼットの場合、丸めてコンパクトにしまってしまったりすると、取り出したり選んだりをしにくくなってしまう。

そこで、ネクタイをたくさんかけておいて、しかも簡単にその日に使用したいネクタイを取り出すことができるという、無印良品のネクタイ用ハンガーがあると便利だ。

Mujirushi 004

このように、非常に独特な形状をしているハンガーで、ネクタイやスカーフをひっかけておいて、その日使いたいものを隙間から引っ張って抜き出すことができる、という商品だ。

これ一つで、目安としてネクタイ10本、スカーフ5本を引っ掛けておくことができるとのことだ。
しかも、ハンガー1本分しかクローゼットのスペースを取らないので、このハンガーがあると非常に整理整頓が捗る。

無印良品「アルミハンガー・ネクタイ/スカーフ用」詳細

  • サイズ: 約幅7×高さ23.5×奥行5cm
  • 価格: 税込 400円
  • ネット販売: あり(購入ページ

とりあえず全部入れておける「ステンレス ワイヤーバスケット」

ステンレスワイヤーバスケットは、無印良品の定番中の定番だ。洗濯用品を入れるもよし、食器を入れるもよし、本や書類を入れるもよしと、万能な収納用品だ。

雑然としたものを、とりあえず全部このカゴの中にぶち込んでおけば、なんとなく整理した雰囲気が出るという点で非常にオススメな商品。
お洒落なアイテムとして雑誌などで紹介されることも多いが、ずぼらな人にこそオススメな整理グッズだと言える。

Mujirushi 005

全部で7サイズ展開なので、本棚の中や、食器棚の中、カラーボックスの中など、どこでも寸法に合わせて使用することができる。

ステンレス製で錆びにくいため、水気に触れることが多くなってしまう食器入れとして使うのにもオススメだ。

私の場合は、キッチンの上の棚でタッパー等を整理するのに使っているほか、洗濯機の上のラックに、ワイヤーバスケットを二つ設置している。
それぞれ、ドライヤーや綿棒などの雑多な生活用品と、たくさんのハンガーやタコ足といった洗濯グッズを入れている。
バスケットの中できれいに並べることを意識したりせずとも、洗面用品を一通り突っ込んでおくだけで、洗濯機の上で整理整頓してあるかのように見えるのでオススメだ。

センスのある人や、こだわりたい人は、カラーボックスなどと組み合わせて、お洒落な収納を実現してしまうことも可能だろう。

また、同じサイズのワイヤーバスケットを積み重ねて使うことができるようにもなっているので、可能性は無限大だ。工夫次第で、ありとあらゆる収納をワイヤーバスケットに集約することができるだろう。

無印良品「ステンレスワイヤーバスケット」詳細

  • サイズ: 全7サイズ展開
  • 価格: 税込 1700〜4900円
  • ネット販売: あり(購入ページ

ニトリのカラーボックスと相性最高「硬質パルプ収納用品」

無印良品と並んで、家具や雑貨の取り揃えがよく、価格も安い一人暮らしの味方といえば、ニトリである。
特に、ニトリのカラーボックスといえば、非常にコストパフォーマンスが高く、低価格ながら使い易いサイズ展開が揃っていることで知られている。

ニトリのカラーボックスと組み合わせて、無印良品の収納用品を使うことで、ニトリの「お値段以上」をさらに少し上回る雰囲気を醸し出すことができる。

Mujirushi 006

ニトリのカラーボックスに、無印良品の硬質パルプの収納用品シリーズの引き出しを組み合わせることで、小物を便利にしまいつつ、整理整頓された印象の外観を維持することができる。

写真のカラーボックスの一番上の段に入っているのが、無印良品の「硬質パルプ・引出4個」だ。

カラーボックスに丁度入るサイズの小物引出しを探すのはなかなか難しいので、ニトリのカラボと相性のいい無印良品の硬質パルプ引出しシリーズはなかなか有難い。

写真で使用しているこの「硬質パルプ・引出4個」だけではなく、様々な引出しの大きさの組み合わせが存在し、また重ねて使用することも可能だ。
ボックス内の整理用の区切りが欲しい人は、ぜひ購入することをオススメする。

爪切りや筆記用具、ハサミといった、どうしてもバラバラと出てしまう小物を、まとめて突っ込んでおいて目隠しできるのがポイントだ。

ちなみに、無印良品とは関係ないが、カラーボックスに入れているブラウンの箱は、すべてIKEAのFJALLAシリーズを使用している。

無印良品「硬質パルプ・引出4個」詳細

  • サイズ: 約幅36×奥行25.5×高さ16cm
  • 価格: 税込 3770円
  • ネット販売: あり(購入ページ

About The Author

nipponomiaCo-Founder, Writer小松明
平成生まれ。神奈川出身。
米国でパブリック・アイビーの一つに数えられる州立大学への留学を経て、某旧帝大を次席で卒業。TOEIC満点。現在はNGO勤務。

英語の読解力にはかなりの自信があり、海外の学術論文からテック系ニュースまで、日々情報収集している。
主要な関心は日本、英米の社会保障制度。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK