nipponomia

日本にいながらでもできる、お金のかからない英会話勉強法

November 21, 2016

Friends 1255442

日本人のほとんどは中高で6年間英語を勉強する。人によっては大学で英語の論文を読んだり、就職や仕事の関係でトーイックの勉強をしたり、英語学習にさらなる労力を注ぎ込む人は多い。

そのため、「せっかくこんなに英語を勉強したんだから、外国人と英語でコミュニケーションを取れるようになりたい!」と思う人は多いのでは無いか。

残念ながら英会話教室は非常に高額なことが多く、英語圏に留学するのも非常にハードルが高い。しかし、日本にいながら数千円で英会話を勉強するのは十分可能なことだ

筆者は大学留学を経て現在アメリカの企業で働いているのだが、大学留学を控えた高校生時代、英語の参考書を読み漁り、様々な方法で英会話上達を試みてきた。そんな中今振り返って非常に効果的だった日本でもできるお金のかからない英会話勉強法を厳選して紹介したい。




英会話に関して日本人が抱く誤解

留学を前にして、様々な本やインターネットの記事を読み漁ったが、よくあるのが「日本人は生まれつき英語が喋れない人種」という説である。これは言いたいことはわからないことは無いのだが残念ながら間違っている。日本生まれ日本育ちで、英語を勉強して海外で活躍している人は少なからずいる。ただ一つ言えるのは、日本語と英語は正反対と言って過言では無いほど似ている点が全く無いので勉強するのが難しい、というのはある。

例えば、中国語で「私は学生です」というのは「我是学生(Wǒ shì xuéshēng)」というのだが、中国語を勉強したことがない人でも、発音を含めて「あーなるほどね」って思うのではないか?「我」は日本語でもワ行だし、「生」は日本でもサ行だ。逆に英語を勉強する前に「I am a student」と見て、日本語の知識だけで意味を推測するのは不可能に近い。ちなみに英語に非常に語源が近いと言われるドイツ語では「Ich bin Student」というらしい。この例からでも、ドイツ語が母国語の人が日本人よりも英語を勉強する上で有利なのは一目瞭然だ。

しかし、外国語を喋るには、努力しなくてはいけないという点においては、誰でも同じである。少しずつできる範囲で始めて行くことが将来大きな違いを生むことになる。

英語が口から出てくるようにする練習

「 この教材をやったらある日英語が口から出てくるようになる!」といった類の広告を目にしたことのある人は多いのではないか?個人的な経験から言って、これは残念ながらありえない。英会話の能力の向上は、突発的な変化はほとんどなく、毎日少しずつ変化して行くものである。スポーツをやったことのある人ならわかるのではないか?ある日急に大会で勝ち進める実力がつくのではなく、繰り返し練習をして行くことによって少しずつ力がついて行くものである。

突発的な変化はないにしても、英語が口から出てくるようにする練習は非常に大切である。ボクシングに例えると、そもそも何もパンチしたことのない人がいきなり試合で相手をパンチするのは非現実的だ。

個人的に一番良かったのはCDに合わせて音読するというのである。英語教材のCDやCNNなどのニュース、もしくはVoice of Americaなどはっきりと喋っているのが録音されているものがいい。CDを注意して聞き、リズム、音の高低、発音に注意を払いつつ繰り返し繰り返し音読して行くのが非常に効果があった。

また、気分転換に洋楽を口ずさんで見るというのもありである。

慣れてきたら、上級者編として、シャドーイングというのもある。また、お気に入りのドラマがある人はその一部を録音して音読して見るのもいいかもしれない。ドラマのようにネイティブが普通のスピードで会話をしているのは非常に難易度が高いということを念頭においてもらいたい。

発音の勉強

発音の勉強はネイティブに教えてもらわないと意味がないんじゃないかと思う人は多いかもしれない。しかし、実は先生なしでもできることはたくさんあるのだ。

まず英語の発音は日本語とは全く違うので、そもそもどういう音があるのかを知っている日本人は少ない。英語には(数え方にもよるが)15~20ほど母音があると言われている。5つしかない日本語とはぜんぜん違う。 全てをマスターする必要は全くないが、そもそもどう言う音が存在するのかを頭に入れておくだけで、上達のスピードは違う

以下におすすめ発音教材をまとめた記事を上げておく。

Screenshotシリコンバレーで就職を決めた僕が選ぶ最強の英語発音教材6選

英語で独り言を言ってみよう

これはつまり会話を1人で練習しちゃおう!と言うことである。ネイティブと一緒に勉強しなきゃ意味がないんじゃないか、と思う人は多いかもしれない。もちろん実際に誰かと会話ができるならそれに越したことはないのだが、日本ではそのような機会を作るのは非常に難しい。

会話のトピックをこのようなサイトで見つけて、そのトピックについて自分で30秒ほど英語で喋って見てほしい。これは意外と難しいのだが、これができなかったら会話中に質問されて答えられないので、実は非常に効果的な練習だ

注意としては、細かい間違いを気にしないこと。例えば、三単現のSを忘れたとしても通じることは通じるので、特に気にせず少しでも喋る練習を積み重ねるのが大事だ。

実際に外国人の友達を作って見る

そんな簡単にはいかないでしょ、と思う人は多いかもしれないが、インターネットを通じて出会った日本人と外国人で集まって「cultural exchange」と言ったようなことをやっている団体は少なからずあるので、そのようなイベントに参加して見ることで、様々な国の人に出会うことができる。

Screenshotmeetup 東京版

その系統のサイトで有名なのはいくつかあるが、特にこのmeetupというサイトは様々なイベントが目白押しなので、是非是非チェックしてもらいたい。サイトに登録してイベントに参加すること自体は無料なのも嬉しいところだ。(イベント開催者が、場所代などでイベント自体が無料じゃないことがあるので注意をすること)

「イベント」というと大がかりでそんな勇気でないって思う人もいるかもしれないが、ほとんどは数人から多くて30人ほどで、お酒を飲みに行ったり花見をしたりと、非常に敷居が低いので一度はぜひ試してもらいたい

英会話の勉強は時間がかかるが、別の言語が喋れるようになるというのは不思議な感覚で、また仕事の面でも旅行先も様々な可能性が広がる。この記事の勉強法を、役立ててもらえれば幸いだ。

About The Author

nipponomiaCo-Founder, Writerヒデノリ
平成生まれ。東京出身。
中学で英語に目覚め、アメリカ留学に興味を持つ。
高校卒業後渡米し、パブリック・アイビーの1つにも数えられるアメリカの名門州立校にて数学を専攻、オールA卒業。

現在は、シリコンバレーにて某世界的IT企業本社勤務。趣味はロッククライミング。

-----------------------------------------------

Hidenori

Born and raised in Tokyo. Moved to MN at the age of 19.
Having survived four winters there, I have moved to California.

Currently working as a software engineer in the Bay area.

I enjoy rock climbing, and I love traveling abroad! My profile picture was taken in Morocco :)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK