nipponomia

「新品のMac」の匂いがするロウソクが発売

October 15, 2016
「新品のMac」の匂いがするロウソクが発売

よく訓練されたAppleユーザーにとって、新品未開封のMacやiPhoneの箱を開けた時の「あの匂い」は何より好きな香りだろう。
新品のアルミニウムと、綺麗な箱から漂ってくるあの“未開封感”を、なんども味わうことができるとしたら・・・

そんなAppleフリークに究極のリラックスを提供するアロマキャンドルが、24ドルで販売されている。




「新品のMac」の香りがするキャンドル

MacやiPhoneなど、Apple製品専門のアクセサリーグッズを販売するアメリカのECサイトであるTwelve Southが、新品のMacの香りがするというロウソクを売り出した。

ScreenshotNew Mac Candle – twelve south
未開封の新品のMacの香りがするというキャンドル。大豆を原料とした植物性のワックス(ソイワックス)を100パーセント使用しており、香りはミントやバジルなど、やたらとこだわりの原料で作られている。

米サウスカロライナ州のチャールストンで手作りされているらしく、100パーセント植物由来のワックスを使用するなど、無駄に(!?)原料にもこだわりが感じられる。

「新品のMac」の香りはミント、ピーチ、バジル、ラベンダー、マンダリン、セージを配合して実現されているそうだ。
これほどの材料を組み合わせて、あの香りを再現するのにどれほどの試行錯誤があったのか興味深い。

このロウソクをつけておけば、家中が新品のApple製品の香りで満たされるだろう。
Apple製品を購入し、綺麗な箱を開封する時のあの独特の興奮感を味わいたいという人は、ぜひ購入してみることをオススメする。

燃焼時間は45〜55時間ほどで、24ドルで販売されている。
アメリカ国内は送料無料と記載されているが、有料ながら海外発送も受け付けており、日本からも購入することができるようだ。

残念ながら、記事執筆時点では、売り切れとなっていて購入することができない。
今月中に在庫が復活すると表示されており、再販は行われる見込みだ。

(Photo via twelvesouth.com / Oct 15, 2016)

About The Author

nipponomiaCo-Founder, Writer小松明
平成生まれ。神奈川出身。
米国でパブリック・アイビーの一つに数えられる州立大学への留学を経て、某旧帝大を次席で卒業。TOEIC満点。現在はNGO勤務。

英語の読解力にはかなりの自信があり、海外の学術論文からテック系ニュースまで、日々情報収集している。
主要な関心は日本、英米の社会保障制度。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK