nipponomia

高額な英会話教室に変わる新たな選択肢!英会話教室Verblingを徹底紹介!

October 10, 2016

Talk chat communication conversation speak

大学受験、TOEICなどで英語を勉強したものの、いざ海外旅行、海外出張、海外留学などで実際に英語でコミュニケーションをとることを考えると、腰が引けてしまう人も多いのではないか。自転車の乗り方をマスターするのには、実際に自転車に乗るのが必要不可欠なように、英会話を勉強するのに最も効果的なのは、実際に英語で会話をしてみるということである。そんな英会話学習に最適なのが、Verblingというサイトである。なぜVerblingが英会話学習に最適なのかを、紹介していきたい。




英会話の練習量を確保することの難しさ

英会話を勉強する上で最も大切なのは、会話の量と先生の質である。筆者は、留学をする前にさまざまな英会話の勉強を試したが、実際にネイティブとの会話の量を確保するのは、日本にいながらでは非常に難しい。いきなり海外の友達をつくるというのは、一般的に不可能に近いので、英会話教室を検討したが、日本の英会話教室は非常に高額なため、よほど経済的に余裕がない限り、英会話の量を確保することは難しい。実際にいくつかメジャーな英会話教室の目安の価格をまとめて見た。

A社 B社 C社
受講回数(月) 8回 4回 4回
マンツーマン 7人程の少数クラス
価格 55,000円 9,900円 19,990円

少数クラスだと、話せる時間が半減してしまうし、月に4回というのは、つまり週に一回50分程度の授業ということだが、習い事、部活と比べてもらえばわかると思うが、週に50分費やしただけで何かを上達するのは厳しいというのは一目瞭然だ。しかし、毎週二時間三時間とマンツーマンのレッスンを受けるとなると、受講料が家賃を超えてしまうほどかかってしまう。

リーズナブルな受講料で、経験と知識の豊富なネイティブの先生からマンツーマンレッスンが受けられるVerbling

ScreenshotVerbling

Verblingはオンラインで英会話レッスンを受けられるサイトだ。先生が一人一人価格を設定していて、その先生の自己紹介ビデオを見て、気に入った先生を選んだら、その人の授業が受けられる。一人一人価格は違うが、基本的に、10~15ドルの先生も多く、ほとんどの先生は、一時間の授業は20ドル以下である。例えば、上記の表で、紹介した2社のマンツーマンはともに毎回5000円以上するので、3分の1以下の価格で授業が受けられるということである。

そこまで安いと、質に疑問を抱く人がいるかもしれない。しかし、Verblingのサイトでの英会話教師の募集要項をみてみると、原則として、外国人に英語の授業をした経験のあるネイティブしか採用しておらず、また教育資格を有している先生をメインに採用していると書かれている。実際に先生のリストを見てみると、CELTAやTESOLなど、国際的に認められている、英語教師の資格を持っている人が非常に多い。

また、すべての先生が自己紹介兼授業スタイルの紹介のビデオを乗せているので、実際に先生が喋っているのをみて、聞き取りやすいか、会話しやすそうな人かというのを確認することができる。またサイトも非常に使いやすくできている。

非常に簡単な登録方法!

Eメールアドレスと名前を入力するだけで登録できる。もしくは、フェイスブックかグーグルのアカウントを持っている人は、それらを使えばすぐにログインできる。

Screen Shot 2016 10 09 at 5 46 30 PM

Verblingでは英語以外の授業も行われているため、勘違いがないよう、また先生がクラスの準備などをしやすいように、どの言語を勉強していて、どのレベルなのかなどの簡単なプロフィールは入力しておこう。

お気に入りの先生を探そう!

左上の「Find a Teacher」というボタンをクリックすると、先生のリストが出てくる。右上に「Price」と書いてある、青い価格帯を選択できる場所があるので、それを使って予算に合った価格帯の先生を絞っていこう。先生の写真をクリックすると、そこから「自己紹介ビデオ」「出身地」「このサイトでの授業経験」「スケジュール」「教師経歴」「以前受講した生徒からの評価」など先生の情報がたくさん出てくる。スケジュールは自動で時間帯を合わせてくれているので、日本時間で表示されているはずだ。これらを参考に、授業を受けたい先生を探そう。

実際に授業を申し込もう!

先生によっては「Trial」という30分のお試し授業をやってくれる人もいる。先生の紹介ページから、右側にある授業料のリストに、「Book Trial」と書いてあったら、そこからお試し授業を申し込むことができる。また普通の一時間授業には、5回分、10回分とまとめて払うことも可能で、その場合は若干の割引が適応されることが多い。「Book Trial」、もしくはスケジュールから都合の時間を選んで、「Book Now」というボタンを押すと支払いページが表示される。

支払い方法は、クレジットカードとPayPalのどちらかを選ぶことができる。

授業料を支払ったら、授業が始まるのを待つだけだ。

一つだけ注意が必要なのは、授業はビデオ通話で行われるのだが、それがSkypeではなく、Google Hangoutsという、Googleが提供しているSkypeのようなサービスをVerblingは使っているというところだ。もし、前面カメラの付いているアンドロイドのスマホかタブレットをもっているならそれでもできるし、パソコンでも簡単にインストールすることができる。授業が始まる前に必ずインストールしておこう

授業が始まる前に、右上の自分のアカウントから、「Dashboard」を選んで、授業のページに行くことができる。授業がスタートすると、「Join Lesson」という青いボタンがでてくるので、それをクリックすると、自動でHangoutsが開いて授業が始まる仕組みになっている。

ぜひVerblingを使いこなして、英会話上達に役立ててほしい。

About The Author

nipponomiaCo-Founder, Writerヒデノリ
平成生まれ。東京出身。
中学で英語に目覚め、アメリカ留学に興味を持つ。
高校卒業後渡米し、パブリック・アイビーの1つにも数えられるアメリカの名門州立校にて数学を専攻、オールA卒業。

現在は、シリコンバレーにて某世界的IT企業本社勤務。趣味はロッククライミング。

-----------------------------------------------

Hidenori

Born and raised in Tokyo. Moved to MN at the age of 19.
Having survived four winters there, I have moved to California.

Currently working as a software engineer in the Bay area.

I enjoy rock climbing, and I love traveling abroad! My profile picture was taken in Morocco :)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK