nipponomia

フィンランド外務省がリリースした絵文字がシュールすぎる

November 8, 2015
フィンランド外務省がリリースした絵文字がシュールすぎる

クレイジーなヘッドバンキングパーティの後には、携帯を投げ飛ばしてハダカになってサウナに入りたくなるって!?君は間違いなくフィンランド人だ!




フィンランド外務省のサイトに突如現れたサウナ男女

フィンランド外務省が運営する「thisisFINLAND」は、フィンランドの文化や基礎知識、旬な情報などを発信するサイトである。
サイトは英語、中国語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語の7ヶ国語で提供されており、ヘルシンキの美しい写真も見れたり、なかなかコンテンツが充実している。

しかし11月4日、突如として冒頭の衝撃的な画像がthisisFINLANDに掲載された。
しかも裸の男女のみならず、ノキアの(壊れにくい)携帯電話と、謎のヘッドバンカーの画像まで掲載されている。まっとうな外務省のサイトなはずなのに、実にシュールな光景が繰り広げられている。

ちなみに、本記事冒頭のヘッドバンキング、携帯投げ捨て、サウナの黄金コンボは、実際にthisisFINLANDのサイトに書かれている英語の文章を引用したものである(!)。

Finland-Emoji-Headbanger

(Reprinted from the thisisFINLAND)

Finland-Emoji-Nokia

(Reprinted from the thisisFINLAND)

自国をテーマにした絵文字を発表した世界初の国らしい

もちろん、これらはふざけきったコンテンツでは決してない。
これは、「フィンランド人らしさ」を絵文字で表現して、2015年のクリスマスカレンダーとして30種類の絵文字を発表するという企画の一環である。

フィンランドで温泉・サウナが有名であることは言うまでもないが、ノキアという携帯メーカーのNokia 3310は非常に頑丈なことで有名であり、またヘッドバンキングをするような激しい音楽もアイデンティティの一つになっている(らしい)。
いわば「クールジャパン」と称してアニメが取り上げられるようなものであろう。

これらの絵文字は、12月1日より、日本語を含む13ヶ国語で公開される。
thisisFINLANDで普段から提供されている7ヶ国語に加えて、日本語や韓国語を加えているあたりにフィンランド外務省のやる気を感じるところである。

以下のページで公開される予定であるが、12月1日までは、ヘッドバンカーが「COMING SOON!」と叫んでいるこれまたシュールすぎる画像が表示される。

ScreenshotthisisFINLAND クリスマス特設サイト
2015 thisisFINLAND Christmas calendarは、このページで12月1日から公開される。

日本もクールジャパンとして様々なキャンペーンを海外で打ち出しているが、どの国もインバウンド獲得のためにあの手この手で勝負しているわけだ。
今回のフィンランド外務省のキャンペーンも、心の隅で応援しながらクリスマスを迎えたい。

About The Author

nipponomiaCo-Founder, Writer小松明
平成生まれ。神奈川出身。
米国でパブリック・アイビーの一つに数えられる州立大学への留学を経て、某旧帝大を次席で卒業。TOEIC満点。現在はNGO勤務。

英語の読解力にはかなりの自信があり、海外の学術論文からテック系ニュースまで、日々情報収集している。
主要な関心は日本、英米の社会保障制度。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK